極私的視点(再)

思いついた時に、思いつきの文章とそれっぽい写真を大公開です。

写真

たまには写真ブログっぽいことも書かねばならぬ

古くても現役なのが良い所 経済的に余裕があるわけではないのでね、ナカナカ最新の機材を手に入れるなどということは出来ないわけです。そうなると狙うのが中古。 今回書くのは旧いミノルタのレンズについてです。 アメフトなどを撮るときに使ってるのがソニ…

「残念さん」ってなんだ

今日はモノクロ写真にしてみた 地元に「残念さん」という変わった名前の神社があるらしいので行ってみた。 由来は以下参照。 1866(慶応2)年、長州戦争の時、四十八坂一帯は東西の攻防の決戦場となっていた。その頃、和睦に走っていた幕府軍使者、丹後宮津…

ちょっとオモシロイ写真を集めた

いくしゅんにまけないぜ まあ、まだまだ負けてんだけどな。負けないように毎日精進だぜ。 ▼宮島でみかけた虚無僧。時代劇でしか見たことなかったが、本当にいるんだな。この時には尺八は持ってたけど吹いておらなんだ。一度見かけて通り過ぎたあとに、もう一…

まってろよ いくしゅんw

いくしゅんに負けないように、オモシロげな写真を探してみたよ ▼宮島フェリー桟橋で見かけた子ども。リード付き。ぱっと見てぱっと撮ったのが素晴らしい。一期一会の精神ですよ。 ▼宮島へ渡るフェリー上で。大鳥居が近づいてくるとみな一斉にカメラで撮り始…

これはちょっとスゴく面白いんじゃないかな、と

photo by Tony Tani 普通の景色に面白いことがマンサイ たまたま見つけたインタビュー記事を読んで「テキトーだなぁ」なんて思ったんだが、ちょっと気になって写真をぐぐってみたら、これがまたなかなか良いのですね。 レンズがどーの、絞りがどーの、構図が…

ゴールデンウィークで遠出はしなかったが、天気が良かったので出歩いたりしたわけで その3

潮干狩りをすると腰が痛くなるし、指先も痛い 安芸の大鳥居がそびえる厳島神社の前あたりはアサリがとれるので、毎年ゴールデンウィーク辺りには家族連れなどを始めとしてアサリ採りを目的に島に渡る人がたくさんいる。宮島に渡るフェリーの客席内には「アサ…

ゴールデンウィークで遠出はしなかったが、天気が良かったので出歩いたりしたわけで その2

続いてひろしまフラワーフェスティバルはどうだ 3月4日には地元のイベントである「ひろしまフラワーフェスティバル」へ「ひろしまストリート陸上」を見に行ってみたんだが、イベントの期間中にはイベントと直接関係ない様々な人たちが様々な事をやってる。…

ゴールデンウィークで遠出はしなかったが、天気が良かったので出歩いたりしたわけで その1

カメラを持って出かけよう ゴールデンウィークの連休も昨日で一段落なんだが、我が社は今日も休みで10連休であった。とはいっても特に出歩く予定はないし、かと言って良い天気ならばうちでゴロゴロしてるのもつまらんとうことで、近場にちょろちょろと出没…

Zakka ひぐらし

定点観測 宮島のフェリー乗り場から厳島神社方面へ向かい、表参道商店街をはいってすぐ右側にある「Zakka ひぐらし」の店先に出している看板が気になって、前を通るたびに写真を撮っている。特に意味は無いけど、一度撮り出すと毎回撮ってしまう。 あまり変…

ひろしまストリート陸上をみた

今年は元世界記録保持者で金メダリスト参加 5月3・4・5日と広島ではフラワーフェスティバルと呼ばれるイベントが行われて、3日間で150万人ちかくの人が集まってくる。大変な人混みであるわけで、あまり近づきたくはないんだが、最近行われるようにな…

ASTCトライアスロンアジア選手権2016/廿日市

トップ選手はやはりすごい 4月29日から5月1日までの3日間 リオ・オリンピック代表選考 ASTCトライアスロンアジア選手権2016/廿日市が広島県廿日市市で開催されました。 astc-hatsukaichi.com 1日目のジュニア、U-23のレースは観客が少ないよな、と思…

久々のアメフトですよ

なかなかうまく撮れませんな 昨年11月から約6ヶ月ぶりにアメフトの試合風景を写真に撮りましたよ。 サッカーなど動きがあるモノを撮ったりして練習してたつもりだったけど、やはりなかなか勘が戻らず、どうしてもボールを追っかけて撮ってしますわけで、…

月がきれいだからスーツのままで写真を撮る

月光を写す瀬戸内海 帰宅途中のバスのなかから、ふと窓の外を見ると月が出ていた。多少雲が多いものの、とても明るい月夜で、瀬戸内海がその光を反射していてとてもキレイだった。 うちに帰ると、そのままカメラを三脚に据え付けて写真を撮りに行った。 肉眼…

能はよくわからんけど、狂言は単純に面白い

厳島神社 桃花祭 御神能 厳島神社で毎年行われる桃花祭と菊花祭では舞楽が演じられるんだが、それぞれ翌日からは本殿回廊にある能舞台で能が奉納される。 普段、能なんて見る機会は殆ど無いし、演じられる能舞台は珍しい海の上に建つものだし、御神能では拝…

花見にと群れつつ人の来るのみぞ あたら桜のとがにぞありける

今年は色んな所に桜を見にゆく 特に酒のんだりしたワケじゃないんだが、今年はいろんな場所で桜を見たね。 ▼今回行ったのは、「神原の枝垂れ桜」。だいぶ散ってたんだが、まだまだ沢山の人が桜を愛でに訪れておりました。 ▼菜の花の咲いておりましたよ。 ▼こ…

さまざまのこと思ひ出す桜かな

馬生ではなく芭蕉です 今夜の雨で桜もだいぶ散るだろう。週末まで持てば、もう一度楽しめるんだがと思いつつ、会社帰りに駅までの道を遠回りしたり、途中駅で降りてみたりして桜を撮りました。 ▼女子二人が桜をバックに写真を撮ってた。カメラに背中を向けて…

桜の森の満開の下

さくら、さくら、いまさきほこる ワタシが住んでいる地域はこの土日が桜の最盛期だと思われ、地元気象台も満開宣言をしたりしてました。 なので、春に浮かれて桜を眺めにあちこち出歩いたりして写真を撮り歩いたりしたのですね。 土曜日はまだ天気は良かった…

猿猴橋が新しくなったゾ(クレヨンしんちゃんのタイトル風に)

むかしこのあたりには河童が住んでたらしい ココらへんでは河童の事を「えんこう」と読んでたらしい。なのでこの橋の名前は猿猴橋。ちなみに下を流れる川の名前も猿猴川。猿猴猿猴で夜も日もくれぬ、というわけではないが、まあそういった謂れがありますな。…

願はくば花の下にて春死なむ其の如月の望月のころ

縮景園夜桜特別開園 ここ数年 毎年行っている縮景園夜桜特別開園へ今年も行ってきました。 入場料は普段と変わらず260円(税込)とオトク。開園時間は21:00まで(入園は20:30まで)岡山の後楽園や金沢の兼六園などと比べると規模はちょっと小さ…

下関、ふたたび

途中「春を呼ぶ清盛まつり」が挟まりましたが、下関の続き 先週行った下関で撮った写真の続きですね。 tonytani37.hatenablog.com 長州藩は昔エゲレスに喧嘩売ったりした気合が入った藩だった。その時に大砲を射った場所にたまたま立ってみたんだが、そこは…

宮島 春の風景

いろいろと撮ったので並べてみた 天気予報では「雨が降る」と言ってて心配したんだが、ちらりと降っただけでうまい具合に天気が持った日曜日の「春を呼ぶ清盛まつり」。 行列を待つ間に行列ではないものをいろいろと撮ってみた。 tonytani37.hatenablog.com …

「春を呼ぶ清盛まつり」だぜ

前回の続き tonytani37.hatenablog.com 毎年恒例の行事ですが、去年よりも行列の規模が少し縮小されたか? 毎年3月の終わりに宮島で行われる「春を呼ぶ清盛まつり」なんだが、「まつり」といっても平安時代の仮装をした人々が商店街から厳島神社、清盛神社…

「みやじま雛めぐり」だぜ

宮島のひな祭りは一月遅れだぜ 宮島のひな祭りはひと月遅れで行われるので、「春を呼ぶ清盛まつり」が開催されるのと同じ時期に商店街や町家通りのそこここに雛人形が飾られます。 お店の中にも飾られているんだが、何も買わないのにズカズカと入ってゆくの…

本州の果て

下関に行ったのです。 仕事で下関に行きました。お客様訪問はすぐに終わったんだけど、新幹線で行ったもんで基本こだましか止まらない新下関駅の帰り新幹線の時間待ちもあるしで、訪問先近所の唐戸あたりをブラブラしてみましたわ。 ▼新下関駅は強力ふぐ押し…

時々はカメラっぽい話を書かねば、このブログの目的がわからんようになってしまう。そのうち「かわいいうさぎ」ブログにならないように気をつけねばならない

明るいレンズがほしいのよ やはり明るいレンズは正義であるという旗印のもとに、今使っているレンズよりも明るいのが欲しいわけですよ。 APS-C向けには数十年前製の50mm F1.7というのと、F2.8ズームがあるのでそれで良し。 次は現在メインで使っているm4/3向…

うさぎ島はうさぎより観光客の方が多かったんではないのかな

大久野島へ行ってみた 第二次世界大戦当時には、この島で密かに毒ガスが製造されており、地図から消されていた島(毒ガス資料館で旧い地図が展示されていたがあまりに大雑把な消しかただったので「もっと工夫しろや大日本帝国陸軍は。あれじゃ秘密があると宣…

あきずに絵馬じゃ

ネタ切れになりかけると、とりあえず絵馬の写真のお蔵出し 「ぼぎわんが、来る」に続いて大嫌いな米澤穂信の作品「クドリャフカの順番」を読み始めたんだが、今のところ苦行以外の何者でもなく、やっぱリオレにとって米澤穂信は鬼門であるとわかった。丑寅じ…

二年前の今日

仕事で岡山へ行ってた。思い出した、土曜日だった。 Flickrに二年前の今日撮った写真をアップロードしていた。 ほんの1時間程度の仕事を新幹線に乗って休日出勤で岡山まで行ったのを思い出した。 予定していた客先作業はなんのトラブルもなく終了したあとに…

”坂道、文学、映画、そして「猫の街」尾道”にいたネコたち

表題は産経フォトサイトのものです まだまだ肌寒いし、雨も降ったりするんでぼやぼやとインターネッツを彷徨っていたら(むかしは”ネットサーフィン”などと言ったが)、尾道のネコについての記事を見つけた。 www.sankei.com 尾道は坂の町で、その狭い道を歩…

「面白きことは良きことなり!」

「有頂天家族」読了 有頂天家族 (幻冬舎文庫) 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2010/08/05 メディア: 文庫 購入: 14人 クリック: 516回 この商品を含むブログ (130件) を見る 二作目の感想を先に書いたりして順番は逆になったが、実は先に…

3.11

いろいろと思い出すことがある。忘れないように書く。 震災発生当日の昼休み。のんびりとスマフォアプリについてツイートしていた。 頓智ドットのDOMO使って見た。面白そうだけど、つねに位置情報を取得しっぱなしっぽくて、バッテリーが心配。12:52 - 2011…

尾道の神社でマボロシの神獣を見た(ふたたび木枯し紋次郎のタイトル風に)

一般的には龍なのだ 神社に行くと参道横に参拝前に身を清める目的で設置されている「手水舎」というものがある。ちょろちょろ流れる水をためてあって、そこで使う柄杓がおいてあるとこですね。 で、ここで水がちょろちょろ出ている部分は龍の姿をしてたりす…

深夜特急 の・ようなもの それから

約半月ほど続いた「深夜特急 の・ようなもの」シリーズですが、いよいよ今回が最後でありますよ。 そんなこんなで二つの古都をめぐりましたよ 今回の旅はビンボー旅行だったので、移動は公共交通機関とあとは歩き。 とにかく歩く。とりあえず歩く。 歩くと見…

夜、暗い部屋でみる雛人形は怖いから気をつけろ

いよいよ大団円を迎える事となる「深夜特急 の・ようなもの」なのだが、またまた休みでござる。今回のは季節ネタなので、このタイミングしか出せないのですね。 雛人形がコワイ時がある ひな祭りといえば雛人形なんだが、夜に電気を消したあと飾られている人…

深夜特急 の・ようなもの その8

ノーマークのダークホース 「いかにも京都っぽい場所を見たければ、花見小路に行け」などという情報を入手してたので、八坂神社へ向かう途中にある花見小路へ寄り道してみた。 flic.kr flic.kr 確かに、いかにも京都というイメージの建物が並び、観光客も沢…

深夜特急 の・ようなもの その7

有名な祇園祭は八坂神社の祭である 八坂神社へ向かう。 京阪祇園四条駅からいかにも観光名所っぽい商店街を抜けた先にそのお社はある。 flic.kr 少し離れたところに「北座」という看板を掲げたビルを見つけたので行ってみると、井筒屋八ツ橋本舗の店だった。…

深夜特急 の・ようなもの その6

「深夜特急 の・ようなもの」の続きです。 伏見稲荷はきつねだらけ 伏見稲荷に一番近い駅はJR奈良線の稲荷駅。とても小さい。初詣の時などはどれだけ人が溢れかえるのかと思うと心配になるレベル。ホームから人がこぼれ落ちるに違いない。 flic.kr 駅出口か…

岩国はベースの人がデカイ犬を連れて歩いている

「深夜特急 の・ようなもの」をまた一時中断して、本日岩国へ行った時に撮った写真をチラ見せ。 錦帯橋界隈を歩く 岩国といえば「錦帯橋」で、これまで何度も行ったことがあるんだが、橋わたってロープウェイで岩国城まで行って、吉川史料館みて、白蛇(白蛇…

深夜特急 の・ようなもの その5

なくようぐいす へいじょうきょう 奈良の都といえば平城京。数年前に「せんとくん」で有名になった遷都1300年を記念して建てられた朱雀門と大極殿を見にゆきましたよ。 (中見出しがちょっと違う気もするが、まあいいか。それっぽいし) 他の土地では忘れか…

深夜特急 の・ようなもの 絵馬編

一回の小休止を経て、再び登場の「深夜特急 の・ようなもの」。ただし、またまた番外編。五日ぶり、二回目。 神社に行くと絵馬がある。寺にもあるぞ。 絵馬ウォッチャーのオレサマとしては、神社仏閣巡りをしたならば必ず絵馬をチェックする。絵馬ウォッチャ…

スナップ魂 世界遺産訪問

深夜特急はちょっとお休み 長かった会社の長期休暇制度も本日で終わり。 名残惜しいがしょうがない。オレが大金持ちならば、このまま引退してもよいんだが、なかなかそういうわけにも行かないのが世の中の仕組みであります。 さて、その最終日、古い都辺りで…

深夜特急 の・ようなもの その4

大仏は大仏というだけあって大きい仏像である 春日神社から東大寺へ移動する。 途中、観光客とシカの群れをかきわけなきゃならん位の混みよう。 世界中のヒマな人がみんな集まったんじゃないかというくらいの混みよう。 そんな中、大仏殿は後回しにして二月…

深夜特急 の・ようなもの その3

シカが沢山いる事には慣れているんだが 奈良にはシカが沢山いる。宮島にも沢山いるんだが、そこのヤツラとは違う。 まずデカイ。身体がデカイし、その上うんこがデカイ。 家人に言わせると「鹿せんべい食ってるから」だそうな。(根拠は知らん。個人の推測)…

深夜特急 の・ようなもの その2

前回はこちら。 tonytani37.hatenablog.com そして興福寺 興福寺はすばらしい。世界遺産として登録されている中金堂は修復工事中だったのが残念だったが、ここんちの国宝館に展示されている数々の銘品が素晴らしすぎる。 flic.kr 残念。 flic.kr ここが噂の…

深夜特急 の・ようなもの 番外編

すでに二回目にして番外編。お題は「森見的及び万城目的世界」 京都を舞台にした小説は沢山あるんだが、そのなかで森見登美彦氏のクサレ大学生や天狗や弁天や怪しい浴衣男やら狸やぽんぽこ仮面などが暴れまわる小説や、「ホルモー」なる訳がわからん競技を繰…

深夜特急 の・ようなもの その1

沢木耕太郎にはなれないよ 奈良、京都と高速で歩きまわった旅をした。 ビンボーなので行きも帰りも深夜バス。なので気分は「深夜特急」。 バスの中、周りはワカモンばかりだから、彼ら彼女らにとってはまさに「深夜特急」になるのかもしれないが、おっさんに…

流石にこれでは入れない

「撮影に使用した「α7とSEL55F18Z」はαアンバサダープログラムのモニター企画でお借りしたものです。」 京都祇園でライカショップの前を通りすぎましたとさ 京都は花見小路を歩いてると、見たことがあるマークが目に入ってきた。 それはあの高級カメラメーカ…

スゴイ絵馬

「撮影に使用した「α7とSEL55F18Z」はαアンバサダープログラムのモニター企画でお借りしたものです。」 こんなの見つけたんですが 休暇を利用して奈良と京都の観光名所をぐるりと回ってみたんだが、その途中で見つけた絵馬なのです。 場所は京都市役所近く、…

絵馬、えま、EMA

この頃はやりの絵馬なのか? この間、あきずに厳島神社へ行った時(子ども豆まきの時ですよ)、まずは本殿に参拝したあとは恒例の絵馬チェックなんだが、沢山ある絵馬にイラストが描いてあるものを沢山見かけたんですね。 いわゆる「痛絵馬」ではなく、イラ…

「やっさだるマンの謎99」

タイトルとは全く関係ない内容となりますのでご了承ください。 やっさだるマンが大活躍した三原市の神明市なんだが、これまでの写真以外にもいろいろと撮ったのがあるんで、大公開じゃ。 これが神明御山じゃ。駅前にそびえ立つこれは、正月飾りや注連縄など…