読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極私的視点(再)

思いついた時に、思いつきの文章とそれっぽい写真を大公開です。

さっと出して、ぱっと撮る。

吉田兼好っぽく。

徒然なるままに日暮し、目に映る由無し事をそこはかとなく撮りつづければ、怪しうこそよいカンジのカメラやレンズがほしいわ。

細かいことは気にしない(気にしなさすぎ)

前にも書いたけど、目の前に出現するオモシロイと思ったものをぱっと撮ることを信条としているため、露出だの絞りだの構図だのはあまり考えない(考えるテクニックを持ってないというのが正確か)。

なので、うちに帰ってHDDに取り込んでみると白っぽかったり黒っぽかったりしがちなわけで、そのため基本 RAWでとって現像でなんとかする。なので、せっかく自動表示するように設定したExif情報はあまり役にたたんのかもしれんね。

今回 平和公園の屋外で撮ったα7の写真は、全部ではないけれど全体的に白っぽかった。ってことは、露出オーバー的というカンジですね。ヒストグラムを見ても、全体的に右よりだし。

これはカメラのせいではなく、撮影者の怠慢であると思うのですが、まあ今のスタイルで写真を撮ってると、こんな感じになってもしょうがないか。

なので、必ずRAWで撮る。撮影時にエフェクトかけたり、JPEG撮って出しなどという高度なテクニックは使えませんよ。

ドラマチックな写真にもできないけど、ちまちまと明るさ変えたりトリミングしたりして、なんとかかっこ良い写真にしようと日々精進してます(しらんけど)。

上が修正したもの。下がRAWファイルから無加工で出力。実際の見た目は修正後のほうが近いと思うんだがなぁ。そう思ったからそう修正したわけですよね。でも比べてみると自信が無くなってきた。これくらい明るかったかもしれん。忘れた。でもアタマの中のイメージは上(ということにしておく)。

いずれもAdobe Lightroom CC 2015.3で現像。

 撮って出しの方は白すぎる。Exifの値はf/5.6 1/640 ISO100なんだか白っぽい。スキー場でサングラスありとなし位の差だという印象ですよ。天気が良いから、そんな時にはフィルターとかつけなきゃならんのかな。いちいち露出補正するのも面倒だし。

左に傾いている。カメラの水準器で水平をとってるつもりなんだが、なぜか傾く(気がする)。メガネが歪んでてみたまま撮れてないのか、フェザータッチのつもりでもシャッターを押す時に力が入りすぎてるのか。根性が曲がっているからしかたがないのかもしれない。