読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極私的視点(再)

思いついた時に、思いつきの文章とそれっぽい写真を大公開です。

深夜特急 の・ようなもの その2

 前回はこちら。

tonytani37.hatenablog.com

 

そして興福寺

興福寺はすばらしい。世界遺産として登録されている中金堂は修復工事中だったのが残念だったが、ここんちの国宝館に展示されている数々の銘品が素晴らしすぎる。

興福寺flic.kr 残念。

興福寺flic.kr ここが噂の国宝館。

興福寺の国宝館は、国宝館の名に負けず中には教科書などで見たことがある国宝がずらりと展示されており、その品揃えは圧巻。

なかでもイケメンで有名な阿修羅像の造形はとても素晴らしく美しい。人気があるのもよく分かる。

東京の博物館などで展示されると長蛇の列で長い待ち時間の後にチラリとしか見られないであろう阿修羅像もここでは独り占め。オレ一人だけが正面から斜め横からじっくりと拝観できましたよ。とても贅沢だな。

東京国立博物館で2009年に展示された時には、90分待ちくらいだったらしいが、平日というせいもあるんだろうが、ここならば待ち時間ゼロだったぜ。

で、この阿修羅像自体、八部衆と言われる仏像シリーズのひとつだから、他にも阿修羅像に負けないステキな仏像が目白押し。それらも一つ一つゆっくりと見ることができる。

それ以外にもどでかい千手観音像やら仁王像やら天燈鬼やら龍燈鬼やら、これらもどこかで見たことある国宝だの重要文化財だのに指定されている仏像群が所狭しと並べられている。

ほんまにスゴイですよ。

国宝館の隣りにある東金堂に安置されている仏像もスゴイ。デカイし。

とにかく、ここんちの仏像群は見る価値大いにあり。どんなに仏像に興味が無い人でも、どこかで見たことある仏像がかならず見つかるはず。

それくらいスゴイのが並んで展示されているところですな、ここは。ぜひ行くべし。

興福寺の仏像 - Wikipedia

 

それにここはタモリが「ブラタモリ」でブラブラしてたあたりだしね。

www.nhk.or.jp

興福寺flic.kr 興福寺 五重塔は国宝

P2160043.jpgflic.kr 興福寺 東金堂。こちらも国宝

それにしてもすばらしい仏像を前にしてそのお顔を見つめていると、ふと目を開けてこちらを見つめられるように感じるのは気のせいか?

すばらしい仏像彫刻には、それくらいの魅力というか迫力というか、本物感があるのかもしれんね。数々の国宝である仏像を見ててそう思いますた。