読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極私的視点(再)

思いついた時に、思いつきの文章とそれっぽい写真を大公開です。

備後 鞆の浦でマボロシのサイン色紙を見た (木枯らし紋次郎のタイトル風に)

崖の上のポニョ」の舞台と言われるところ

映画は劇場公開時に一緒に見ていた子どもは大いに喜んで帰り道で盛んにポニョポニョ歌ってたんだが、おっさんにはなんだかよくわからん内容だった。確かに主人公の母親が運転する車の疾走感とか、大きな波の上を走り回るポニョの表現とかは「さすが大宮崎」と思える出来だったんだけど。

 

崖の上のポニョ

崖の上のポニョ

 

 

で、その広島県福山市鞆の浦は、少し遅い時間に行ったにもかかわらず観光客で賑わっておりましたね。

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr 雨が心配されたけど、なんとか降られずにすんだ。有名な常夜燈の周りにも人が沢山いた。

上の写真にはあまり人が写っていないけど、団体客が歩きまわったり、記念写真を撮ったりしてました。(下の写真は前に撮ってたものだけど、イメージ的にはこんな感じだった)

鞆の浦 (Tomo no Ura)flic.kr (別の日にほぼ同じ場所出とったもの)

最近、観光地では定番とも思える「雛めぐり」が絶賛開催中でありました。

www.fukuyama-kanko.com

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr

旧い商家や営業中の商店などに飾られた雛人形をぐるぐると歩いて見て回るイベントなんだが、甘酒が無料で振る舞われたりして、おもに中高年の女性団体で大賑わいでした。女の子の節句だし、中高年とはいえ女子だしな。

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr 酒屋さんの店に飾ってある雛人形。お内裏様とお雛様がならぶ造り物の豪華さは歴史があるっぽい。

 

当地に縁がある坂本龍馬に扮したひとがそれら観光客を引き連れてあるきまわったり、こういったイベントを開催したりとなかなか頑張っている印象。道路が狭いので、関係者が辻辻に立って交通整理してるのも気合が入っているカンジ。

鞆の浦 (Tomo no Ura)flic.kr これもまた別の日のものなんだが、坂本龍馬が近所のおばちゃんと挨拶をしているの図。

なぜ鞆の浦坂本龍馬なのかといえば、「いろは丸沈没事件」とよばれる出来事で、坂本龍馬がいろいろと暗躍したらしい。坂本龍馬が隠れてたと言われる商家も残ってるし。

いろは丸 - Wikipedia

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr いろは丸展示館

鞆の浦 (Tomo no Ura)flic.kr 目の前の仙酔島に渡る時にのる船も「いろは丸」のイメージで。

鞆の浦 (Tomo no Ura)flic.kr

鞆の浦 (Tomo no Ura)flic.kr

鞆の浦 (Tomo no Ura)flic.kr 龍馬が隠れてたと言われる場所に立つ建物に付けられた看板

いろいろと新しくなってきている

サザエさんのオープニングにも出てきた備後鞆の浦の常夜燈なんだが、その近くにはいかにも昔風な建物が残されていて、土産物屋などになっている。今回行ってみると、ちょっとオサレなカフェなどにも改装されて営業してた。

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr 前に来た時には気づかなかった見た目は旧いがオサレ系なカフェ

鞆の浦 (Tomo no Ura)flic.kr

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr 旧い蔵を改装して雑貨を並べコーヒーなどを飲みながらゆっくりできる場所として営業中。

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr 「蔵」のなかには雛人形

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr コーヒーが飲めます。

 

常夜燈からは少し離れているんだが、ここも定番スポットである「対潮楼」

ここに来ると必ずこういった写真を撮ってしまいがち。ここもサザエさんのオープンニングに出てきた場所ですな。「サザエさん 鞆の浦」などというキーワードでググると沢山ヒットします。

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr

昔風の建物の土産物屋が並ぶ一角にそれはあった

そんな鞆の浦なんだが、最初に書いたとおりスタジオジブリの映画「崖の上のポニョ」の舞台のモデルになった街。スタジオジブリの社員旅行で訪れた宮﨑駿氏がこの地を大変気に入り、後日この街にある旅館に篭ってポニョのアイディアをねったというのは有名な話。

で、偶然見つけたのがその宮﨑駿氏のサイン色紙。氏はほとんどサインをしないことで有名らしいが、その大宮崎が感謝の言葉とともにサイン色紙を残したということは、この地がかなり気に入ったんだろうな。そんなことがこのサイン色紙からも伺えますね。

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr 偏屈ジジイで天才の大宮崎が残したサイン。コメントに絵付き。日付から推測すると、ハウルを作ったあとに出かけた、スタジオジブリの社員旅行時に書かれたっぽい。

で、そのポニョが街の色んな所にいたりする。ぱっと見、ちょっと不気味なんだがな。

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr 特徴的な造形でポニョだとひとめでわかるんだが、口から水を吐く様は志村けんがコントで牛乳を口から垂れ流すイメージ。

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr ポニョとは関係ないけど、街角にこんなのが置いてあったりする。港町だからかノラ猫を何匹も見かけた。

まあそんな土産物屋界隈なんだが、大宮崎のサイン色紙を見つけて「すげー」とか思いつつ、ふと隣の店をみると、なんだが下手くそな絵が書いてる色紙が飾ってあった。

小学生の落書きか?などと思いつつよく見ると、実は漫画家の蛭子能収さんが残したサイン色紙だった。似顔絵であるためか、普段のタッチとは少し違う印象なんだが、モデルになったおばちゃんに似てるかといえば、なんとなく似ている気もしないでもない。

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr 観光客のおばちゃんに大人気ないりこ屋。絵のモデルは頭にバンダナのれいちゃん。

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr モデルになったおばちゃんと思われるヒト。パッと見、蛭子さんが扮装してるのかと思ったw

鞆の浦 (Tomo no Ura)flic.kr TBSドラマ「流星ワゴン」のロケにつかわれたという店。店頭にケロヨンがいる。

鞆の浦(Tomo no ura)flic.kr それぞれに名前が書かれたアヒル隊長軍団が緋毛氈の上に居並ぶ。雛人形をイメージしているんだろうが、その目的は不明。

鞆の浦は映画「Xメン」シリーズの舞台にもなったらしい。主演のウルヴァリンヒュー・ジャックマン氏がバラを手にニッコリと市長と一緒に記念写真。

鞆の浦 (Tomo no Ura)flic.kr

まっ、そんなわけで鞆の浦はいいとこです。

ネコバスっぽいボンネットバスも走ってます。

鞆の浦 (Tomo no Ura)flic.kr