読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極私的視点(再)

思いついた時に、思いつきの文章とそれっぽい写真を大公開です。

本州の果て

下関に行ったのです。

仕事で下関に行きました。お客様訪問はすぐに終わったんだけど、新幹線で行ったもんで基本こだましか止まらない新下関駅の帰り新幹線の時間待ちもあるしで、訪問先近所の唐戸あたりをブラブラしてみましたわ。

新下関駅は強力ふぐ押し。これでもか!っとばかりにふぐが並んでおりますよ。

下関(唐戸)flic.kr 

街なかに旧い建物が混ざっている。

下関(唐戸)flic.kr 下関南部町郵便局の後ろにある近代的なビルは下関市役所

今も現役の下関南部町郵便局(明治33年建設 左)と旧秋田商会ビル(現下関観光情報センター 大正19年建設 左)。旧秋田商会ビルは内部公開されていて無料で入館可。丸いドームを持つ独特の雰囲気がある三階建ての建物でした。

下関(唐戸)flic.kr 正面入口

内部へ入ってみると一回は銀行や郵便局っぽいカウンターがあるんだが、奥の階段を上がってゆくと秋田商会一族の居住スペースである二階三階は周囲に廊下を配した和風な作りでありました。

▼正面玄関から入った一階内部。いまは観光情報センター。

下関(唐戸)flic.kr

▼古い映画に出てきそうな一階内部から正面玄関を望む。待合用の木の椅子がいい感じ。

下関(唐戸)flic.kr

▼奥の階段を登って行ってみる。

下関(唐戸)flic.kr

▼広々とした和室

下関(唐戸)flic.kr

▼各階の三方を外側をぐるりと廊下が囲む

下関(唐戸)flic.kr

▼和風な照明がいい感じ。

下関(唐戸)flic.kr

▼階段手すりに秋田家の家紋が刻まれている。

下関(唐戸)flic.kr

▼古い建物は細かいところのデザインがカッコいいね。壁の照明はカバーを始めとして凝ってるよな。

下関(唐戸)flic.kr

まずは秋田商会ビルでありました。続きはあるか。