読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極私的視点(再)

思いついた時に、思いつきの文章とそれっぽい写真を大公開です。

厳島神社の行事は神様のために行われるので、にんげんが待たされるのはしょうがない

菊花祭を見に行った

10月15日の土曜日は厳島神社の菊花祭で舞楽が奉納されるというので見にゆきましたよ。

七五三のお参りやら修学旅行生やら外国人観光客やらで大変賑わってました。

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

同じ日に宮島では氏神祭が行われてた。神輿も繰り出したらしいんだが、声だけ聞こえてきたものの出会えず残念。厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

菊花祭自体は夕方5時から開始されるんだが、宮島の行事ではおなじみの神様のための行事だから、まずは厳島神社回廊に入ってすぐ左側にある客人神社で雅楽にのって祝詞が挙げられたり、神様に何やらいろんなお供え物を持っていったり持って勝ったりすることから始まる。その後神官らが足並みをそろえて行列しながら本殿へ移動し、また同じ手順を繰り返す。それで約1時間くらいかかるのですね。だから舞楽が行われるのは6時半くらいから。

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

舞楽が行われる高舞台の本殿側には午後4時くらいから何脚かの長椅子が持ち出されたんだが、人の頭がじゃまにならない写真を取ろうと決心したおれはずっと立ちっぱなし。時々カープCSをチェックしたり、勝ったのを確認して静かによろこんだりしながらだったんだが、やっぱりだいぶくたびれた。

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

周りが暗くなって舞台四隅に立てられたろうそくに火が付けられていよいよ舞楽奉納。

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

暗くなるのは分かってたんだが、たぶん照明があるんだろうと思ってたら、ロウソクのみ。本殿内を照らす明かりがあたっていて肉眼では問題ないものの、写真を撮るにはとても暗い。

オートフォーカスではピントが合いづらいので気合のマニュアルフォーカス。手持ちの最速レンズを投入したんだが、それでもなかなかシャッタースピードが稼げないのでISO値をあげて対抗する。でもなかなか上手く撮れませんね。暗い中の写真撮影はムツカシイですわ。

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

厳島神社 菊花祭 舞楽奉納

桃花祭の能奉納は昼間だから、写真撮影にはソッチのほうがよいなぁ。

 

tonytani37.hatenablog.com

同じ舞楽奉納は天長祭にも行われるんだが、そっちも昼間だから写真を撮るにはヨイよなぁ。見直すと今回よりもイイカンジに撮れてるもんなぁ。人が少なくて場所移動が自由自在だったし。

flic.kr