読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極私的視点(再)

思いついた時に、思いつきの文章とそれっぽい写真を大公開です。

さようならリンゴ、こんにちはお菓子

携帯契約が2年たったので

ソフトバンクがiPhone3Gを発売してから4→5に続き、2014年12月にはソフトバンクからauに移りiPhone6を使い始めてはや2年。ぼちぼち新しいのに替えないと、今のままだと端末代は支払い終わったにも関わらずこれまでと比べて支払金額が高くなるらしい。なので順調に次はiPhone7かな、なんて思って携帯ショップで見積もりをしてもらったらいきなり「月々1万円でござい」なんていうのを平気で出してこられたりしてちょっと怒り気味で「もう二度とauとは契約はせんぞ」と思いつつ他のキャリアで見積もりをしてもらっても、今よりも月々の支払いが高くなってしまう。

そんなわけで「iPhoneなんてそこいらへんのニーちゃんやネーチャンも使ってるようなありふれたモノになってしまったし、なにより高くなりすぎたしで、そろそろ別のやつに替えるかなー」と思い始めたのですね。

もともとiPhone6に替える時点でも、「Nexus5ってかっこいいな。特に赤」と狙いを定めていた時期もあったんだが、その時代にはキャリアを変えると安く契約できたりしたもんで、そのままiPhoneを使い続けていた。が、今回は違うので、ついに別端末にしたのでありました。

携帯会社との契約は複雑でよくわからんわけで、解約料が発生しないのは2年たった時点だと思ってたんだがじつは翌月からで、オレの場合には2017年1月となるわけで、12月にはじっくりといろんな端末をチェックしてたんだが、たまたま家族が新しい端末に替えるということだったのでY!mobileのNexus5xを勧めた結果、手に入れることになった。使っている本人にイロイロと聞いていみるとウワサの「バッテリーが持たない」というのもそれほどヒドイ状態ではないらしいし、それならばオレも5xだよな、と思ってた所、なんと2016年末に5xのいっこ上のモデルのNexus6pが同じくY!mobileから発売されるということで、オレとしてはそっちに決定し手に入れたのでした。

Google Nexus6p by Huawei

Google謹製としてはすでに次世代端末が発売されているんだが、まあ最新のAndroid OSが使えるという点を一番に重視した結果、コイツに決めたのですね。

Google製とはいえ製造自体は中国のHuaweiが行っているわけで、ここんちといえば少し前にアメリカで発売されていたネットワーク機器にバックドアを仕掛けて、通信内容を傍受していたんじゃないかという疑惑の会社。なのでオレ自身 正直あんまりいい印象を持ってなかった。が、ここ最近は日本でも様々なキャリアから端末を出しているし、インターネッツで調べるとこのNexus6pの評判はなかなか良い。まあY!mobileでコイツを契約した場合の見積もりをしてもらったら、これまでの20%オフ位の費用になることがわかったこともあって契約に至ったのでした。

使ってみてどうでしょう

Nexus6pを実際に手にとってみて感じたのは、「とてもキレイな端末」「触り心地はiPhone5みたい」だった。操作した感触も所謂「ヌルサク」と言うやつで、不満はない。ただ、これまで使ってきたiOSと流儀が違うので戸惑う場面も多い。とはいうものの端末自体もOSも良くできていて、どちらが良いというものではない。あとは好みの問題だけだ。

5年前くらいにほんの短い間だけAndroid端末を使ったことがあって、そのときには「なんて雑なシステムだ」という良くない印象を持ってたんだが、今のAndroid7はそれからくらべると雲泥の差がある。全く技術の進歩は素晴らしい。

変更して一週間で、それなりに環境も落ち着いてきたが、iPhoneを手に入れた始めの頃に感じた「イジる楽しさ」を思い出した気がするね。

これから2年間。相棒としてまたいろんなところへ持ち歩き、いろんな写真を撮るんだろう。誠に楽しみではある。

写真を撮ってみた

一般に評判がよいNexus6pなんだが、なかでもカメラが良い。ソニー製のセンサーを積んでるらしいんだが、暗いところでもキレイに写る。ただしHDRをONだとiPhoneよりも少しレスポンスが悪くなる。あとはカメラアプリの使い勝手がちょっと違うので戸惑うことがある。しかし、ホワイトバランスの指定などiPhoneほど機械任せではないし、360°パノラマなどFacebookでアップされ見たことがある画像が撮れたりとイロイロと使ってみたい。それと標準カメラアプリで提供されている「レンズぼかし」機能はなかなか侮れん。Huaweiの他のモデルやiPhone7Plusで実現しているレンズ二個でボケを表現するのではなく、シャッターを押したあとに画面の指示にそって少しだけレンズの方向を移動するだけで、自動的に背景がボケた写真になる。この機能を使えば、ミラーレスを持って無くてもテーブルにある料理の写真をそれっぽく撮ることなど朝飯前だぜ。

 ▼「レンズぼかし」機能で、背景や手前がそれなりにボケてそれっぽい写真になっとるわい。被写体は新年会で食ったふぐ料理。美味かった。

Nexus6pのカメラは暗いところに強いという評判だったので試しに撮ってみると、F2.0の明るいレンズの威力か?HDRの仕業か?ノイズも少なく見た目に近いなかなかキレイに撮れたと思う。(肉眼よりも少し明るめ)

▼会社帰り、駅前の信号待ちで高層マンションの後ろに登る月を撮る。

まあ全体的に満足度が高い端末でした。Y!mobileでは10分以内月300回まで無料通話料金も含まれる料金体系で、なおかつ今は3Gの2倍サービスで料金据え置きなどと価格設定が安いし、マジおすすめ。

 

 オレのはSIMフリーじゃないから、六ヶ月後には試しにSIMロックを解除してみたい。ただしそれには別キャリアのSIMが必要っぽいので、プリペイドの安いSIMを現在物色中。